auスマートパス危険と使い方!本当に得なのか損なのか?

機種変更をすると必ずauスマートパスに加入しなければならない?
ほとんどのショップで機種変更時の割引条件の中に、スマートパス加入が必須。
つまり、割引条件を満たさなければ、スマホ本体価格は定価にて購入する事になります。
ほぼ強制で加入となります。

「auスマートパス」は本当に得なのか!!?
auスマートパス」が好調だ。このサービスはau Marketの500種類以上、総額5万円分相当のアプリが月額390円で使い放題になるというもので、加入者が急増している。サービス開始から4日で10万人、1ヶ月を待たずして50万人を突破した。

誰にでもオススメできるアプリの筆頭は日本語入力システム「ATOK」(1500円)だ。最新バージョンで弱点だった最新キーワードや拡張辞書にも対応。auスマートパスに加入した人は、真っ先にダウンロードすべきだ。
セキュリティ対策としては「ウイルスバスター」が用意されている。スマートフォンには個人情報が大量に入っているため、セキュリティ対策ソフトは今後さらに重要になる。すでにワンクリック詐欺アプリも登場しているため、こちらも最優先にインストールしておくべきだろう。

この「ウイルスバスターモバイル for auスマートパス」は、フルバージョンの「ウイルスバスター for au」(月額315円)ではなく、WEBフィルタリング機能と着信制限機能が削除された機能限定版。とはいえ、肝心のアンチウイルス機能はフルバージョンと同様のものなので、フィルタリング機能が不要ならこちらでも十分に役に立つ。

また、多くの人にとって便利なのが、歩行者用トータルナビの「NAVITIME」(月額315円)。乗り換え案内はネットでも調べることができるが、こちらはGPSで取得した現在地から複数の駅を候補にするなど、トータルな完成度が特徴。単体だと月額315円もするので、すでにナビタイムを契約しているなら、スマートパスのほうが断然オトクだ。

そして、コンテンツ総額を大きく押し上げているのが辞書アプリ。「ジーニアス英和・和英辞典」(4800円)、「大辞林」(2500円)、「家庭医学大百科」(3700円)などがラインナップされている。こうした辞書アプリは、買ったのにあまり使わなかったということも多いので、気軽に利用できるのは価値がある。

ほかにも、「ニュースEX」(月額262円)、「Run&Walk」(月額315円)などのサービスも揃っている。微妙なのが、写真や動画を保存できるストレージサービス「au Cloud」だ。使いたい人にとっては手頃で安心感があるが、Dropboxなど無料のオンラインサービスも多く、スマートパスを解約したらアップロードしたファイルは消失するという仕様には感心できない。また、オフィスソフト「Kingsoft Office」(2,980円)も、便利ではあるものの、誰にでも必要なものではない。全国のFMラジオ局を聴くことができる「LISMO WAVE」(月額315円)も魅力的だが、Androidスマートフォンでは「Radiko」を無料で使うことができる。お気に入り詳細を見る
上記だけでも十分元がとれる!!

要注意!スマートパスの退会について!!
■auスマートパスを解約したらどうなるか?
auスマートパスで使っていたアプリは全てアンインストールされます。
12時間以内にアンインストールされ、以後auスマートパスのサービスにはアクセス出来なくなります。

スマートパスを利用するユーザー側にとっての不安は、「auスマートパス」を解約した際、ダウンロードしたアプリはどうなるのかという点。結論から言うと、すべて使えなくなる。しかも自動でだ。

■auスマートパス入会前に購入済のアプリは退会したらどうなるのか?

auスマートパス入会前に購入済のアプリでも、入会後にバージョンアップした場合は削除されます。なお、一部のアプリについて、削除されない場合がありますが、その場合は引き続きご利用いただけます。

退会方法
電話での解約
このサービスは157やショップ窓口で解約できないという縛りがあります。
サポートセンターに電話をして、
電話番号
氏名
ネットワーク暗証番号
上記、情報を伝えて解約となります。

au Market auお客様サポートからの退会・解約
スマホ端末から上記サイトに飛びサイト内から退会をする。

メニュー表示→設定→トップタグ表示→auスマートパス会員設定→退会
Safari→ブックマーク→お客様サポートをクリック→スクロール下の退会→下までスクロール→退会
上記で退会となります。
ただし簡単には退会させて貰えず、退会までに数ページかかる他、退会が下の方にあり見にくい、アンケートがある、どれだけお得かが書いてあるなど、かなかな退会させて貰えません。
実際これを、一般企業が運営している課金サービスのコンテンツなら「退会が分かりづらい」「退会出来ない」などのクレーム問題が起こりauから運営会社に退会までのフローが長いなど注意勧告、またはアカウント(課金サービスの強制停止)などの処置がとられる。
auは自分はやるけど他は駄目と言うジャイアニズム宣言をしている。

関連記事

  1. とびだせどうぶつの森 2月の配信スケジュール

    郵便局でもらえる配信アイテムのスケジュールはこちら。 過去にもらい忘れた方や複数欲しかった方は忘れ…
  1. 郵便局でもらえる配信アイテムのスケジュールはこちら。 過去にもらい忘れた方や複数欲しかった方は忘れ…
  2. スマホで出来る在宅ワークのチャットのお仕事は、家でも外出先でも好きな時に空いた時間で稼げます。 男…
  3. いま安定して一番オススメなのがLINEモバイル LINEモバイルは、ドコモ回線を使用しているので、…
  4. 3月15日に小規模での発表が噂されていたAppleの発表イベントですが、21日になりそうです。 今…
  5. 要注意スマともは、自ら個人情報流失? スマとも、最大のポイントはGPS機能を使って近くの人とチャッ…

ピックアップ記事

  1. パズドラ

  2. auスマートパス危険と使い方!本当に得なのか損なのか?

    機種変更をすると必ずauスマートパスに加入しなければならない? ほとんどのショップで機種変更時の割…
  3. 初めてのカカオトーク使い方と危険

    要注意!携帯番号を変更してのカカオトークは危険? カカオトークが危険な理由は、 それはカカオ…
  4. ドラゴンプロジェクト

    共闘せよ、誇り高き “ハウンド” たちーー』 スマホゲームの歴史に、コロプラが新たな1ページを刻む―…
  5. 今ランチ探しで、食のでーびーが大注目!サラリーマンやOLさんに人気理由は?

    最近、恵比寿でランチを探しているサラリーマンやOLに大注目されてるのが、「食のでーびー」。 実際に…
ページ上部へ戻る